ガラディナー2017 パリ

世界のフランス料理料理長の会、エスコフィエ協会国際本部の総会と晩餐会が今年はパリで開催されました。ニースに本部を置くこの会は、一年ごとにフランス各地と主にヨーロッパの都市で交互に集います。今まで一度もなかったパリでの出会いに大いに期待していました。総会では副会長の選出、若い料理人たちの料理とサーヴィスのコンクールの規約などが話し合われ、皆が満足のいく結論を得ました。さて、夜8時からはお待ちかねの仮面大晩餐会です。

場所はなんとヴァンドーム広場です。それもあのホテル・リッツの右隣りのパヴィリヨン。何の変哲もない大きな扉をくぐるとほのかな明かりに照らされた中庭に出ます。そこではウェルカムサービスの飲み物が供されています。氷で作ったグラスにウォッカを注いでくれ、手の甲の親指の付け根あたりにキャビアを盛ってくれます。よく冷やしたウォッカと手の温もりがかすかに伝わっているキャビア。昔、知り合いのロシア人に教わった理想的なキャビアの楽しみ方です。フランスでもこうしているんだ、とうれしくなりました。

サロン1  サロン2



8時開始の会ですが、仮面を着けた参加者たちが一階でシャンパンや小さな前菜などをつまみながら談笑します。大広間には氷彫刻や野菜のビュイソン飾り、たくさんの前菜が供されています。また、弦楽四重奏と女性オペラ歌手が雰囲気を一層盛り上げます。9時半になるまで階上にしつらえてある食卓には着けません。300人ほどの会食でしたが、日本の宴会場のように大広間ではなく、8人用の円卓が4卓ほどの比較的小さなサロンがいくつも連なっています。
温かいコンソメの後、オマール海老のキャベツ包みが供され、メインディッシュは丸ごと調理した子羊の腰肉です。大きな台に載せられて音楽と共に入場してきます。一度下がって今度は付け合わせと共に皿に盛られて客に供されます。さすがはエスコフィエ協会の晩餐会、それも老舗の名ケータリング会社ポテル・エ・シャボ所有の館で満を持して用意した大いなる古典料理です。
食事中、例の弦楽四重奏と歌手が電気的な増幅装置なしに音楽を届けます。味わったことのない空気の振動が、美味なる料理とうまく合わさって快感の極致に至ります。人間の大いなる楽しみとはこういうことなんだなあ、と改めて感じ入りました。

デザートが供され、コーヒーと小菓子を楽しみ、さらに食後酒としてアルマニャックを飲んでいると無性に葉巻が吸いたくなりますが、こればかりは今は法律で公共の場での喫煙は禁止となってしまっているので諦めます。

                 ヴァンドーム広場


終わって外に出ると真夜中のヴァンドーム広場の静けさが祭りの後の寂寥感を盛り上げます。忘れられないパリの一夜でした。

日仏料理協会
宇田川政喜
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

AFJG

Author:AFJG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード