ソ・リ・レス

焼き鳥の専門店に行くと鶏のあらゆる部位を串に刺してグリルしてくれます。胸肉やもも肉だけではなく首の筋肉を使ったせせりなどたくさんの種類があります。
フランス料理の世界でも牛や羊はいうに及ばず鶏や鴨などの家禽も多くの部位に分類されます。その中にソ・リ・レスsot-l’y-laisseと呼ばれるものがあります。「愚か者はそれをそこに残す」の意味のフランス語です。家禽を丸ごとローストしたりブイヨンの中でゆでたりして、ももや胸肉をナイフでていねいに骨からはずす時に見落としがちな場所にあるからこのように呼ぶのでしょう。それはももを胴体から切り取るとそれまで、ももに隠れていた胴体の背骨の両側に現れます。その部分の皮をめくると他とはちがう色をした肉が左右に1対出てきますが、それがソ・リ・レスなのです。もちろん肉質も、ももとも胸とも異なり、滋味を感じます。おいしい部位なので一番大切なゲストに供することになっているのです。また、ソ・リ・レスの近く背骨の真上にあるのはクルーピヨンcroupionです。日本語に適訳はなく、私は「尾羽の付け根肉」と呼んでいます。

1995年に初めて仏和料理用語辞典を上梓した頃、まだこのふたつの部位を区別できていなかった私は、読者には申し訳なかったけれど、辞典の中で混同していました。付録の図版でもソ・リ・レスの部位をクルーピヨンのそれに充てていたのです。改訂を重ねる中、誤字や間違いを修正して来ましたが、なんとソ・リ・レスだけは残ってしまいました。まさに「愚か者はそれをまちがえる」です。その後に出版した食の百科『フランス 食の事典』では正しい認識の元に書いていたのに、です。先日の日本エスコフィエ協会総会で久しぶりにお会いした副会長の堀田さんがご親切に指摘してくださって発覚しました。

皆さん、数々の過ちをお許しください。
他にも何か問題があればぜひお知らせいただきますようお願い申し上げます。
メールアドレス:afjg@dmail.plala.or.jp

日仏料理協会
宇田川政喜
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

何も知らないまま生きていくなんて、だめですよね。

久しぶりにきてみました。
母子家庭で7歳の娘がいて、何も買ってあげられなかったんです。
ある場所で噂になっていた掲示板を教えてもらいました。
困っていることを伝えたら、すぐに助けてくれたんです。
不労所得が簡単にできるんです。
絶対に知りたいという人だけに教えます。
知りたい方はemi_himitu@yahoo.co.jpまでメールください。
禁断の秘密を連絡してくれた人だけに教えます。

まだ間に合いました!

驚かないで聞いてください。
母子家庭で8歳の娘がいて、何も買ってあげられなかったんです。
お金が欲しいってずっと思っていたら、ある人に出会いました。
すべて信じて連絡をしてみたら、使いきれないほどのお金をもらうことができました。
不労所得が簡単にできるんです。
冷やかしじゃない人だけにすごいことを教えます。
emi_himitu@yahoo.co.jpまでメールしてもらえたらその方法を教えます。
メールもらえたらすぐに返事出しますからね。

嬉しかったです。

もう我慢できなくて、こうして告白させてください。
今までずっとお金がなくて、不幸の人生を生きてきました。
人生を変えてくれる人と出会いました。
連絡しただけで、本当にお金をもらえてしまったんです。
借金を一括で全額返済できます。
本気で知りたいという人だけに教えます。
知りたい方はemi_himitu@yahoo.co.jpまでメールください。
すぐに教えますから。

信じられない、その一言が…。

今から告白することは、きっと誰かの役に立つと思っています。
お金も友達もない生き方をずっとしていました。
でも、ある方法で私の人生は百八十度変わりました。
最初は半信半疑だったんですけど、実際にすごい大金をもらってしまって…。
不労所得が簡単にできるんです。
絶対に知りたいという人だけに教えます。
知りたい方はemi_himitu@yahoo.co.jpまでメールください。
すぐに教えますから。

もちろん始めは半信半疑でしたけど、勇気を出して連絡してみました!

こんな場所には不慣れですが、聞いてください。
母子家庭で9歳の娘がいて、何も買ってあげられなかったんです。
ある人からすごい人を教えてもらいました。
ただでお金をもらえてしまって…本当にいい人に出会ってしまいました。
借金を一括で全額返済できるんです。
冷やかしじゃない人だけにすごいことを教えます。
知りたい人は、emi_himitu@yahoo.co.jpにメールしてください。
すぐに返事出しますから。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

AFJG

Author:AFJG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード